練馬区 歯科 歯医者 矯正 マウスピース 小児矯正 こじまデンタルクリニック

練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
小児歯科・矯正
一般歯科・矯正
予防歯科
審美歯科
インプラント
練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
よくある質問Q&A
患者様の声
お役立ちリンク集
練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
コンセプト
Dr&Staff紹介
診療時間・アクセス
お問い合わせ
院長のブログ
練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
コンセプト
人が生きていくうえで「ごはんを食べる」ことはとても大切です。
「ごはんを食べる」ために なくてはならないのが「歯」です。
おいしく快適に食事をするためには、虫歯や歯周病をなおしましょう。
ところで「なおす」とはどういうことでしょう?
歯医者さんが虫歯を削って、金属や樹脂を詰めているのは、歯をなおしているのでしょうか。

手や足を怪我したり、切ったりしてしまって、その後傷口がふさがるのは、傷がなおるということです。
虫歯は穴があいてしまったら、また自然に、もとのように穴がふさがってはくれません。
虫歯は、ある意味、完全に「なおった」あるいはもとの歯の状態にはもどらない病気なのです。

歯周病もなおりにくい病気で、歯ぐきがいい状態を保つことができたら「なおった」ということにしましょうと、しているだけなのです。

虫歯や歯周病はなおらない病気なのでしょうか。

しかし、予防することでこれ以上悪くしないことは、可能です。
虫歯のある人や、歯周病が進行している人は普通の人以上に、よく歯みがきをしなければなりません。

しかし、よく歯みがきをしてください、と言われても、歯並びが悪く歯ブラシが届きにくかったり、咬み合わせが悪くて、左右の片側だけで食事している
そのことで、一本の歯に負担がかかり、歯ぐきが痛くなったり、ひどいときには
歯が欠けたりすることもあります。

歯並びを良くして、咬み合わせも左右でよく噛めるようにしたら、
歯みがきがしやすくなって、虫歯や歯周病の予防も
もっとうまくいくのではないでしょうか。

当院では小さい子供の頃から、拡大床を使って顎の骨から調整する歯列矯正を手がけ、歯並びを良くして、咬み合わせのバランスも調整します。

このやり方で、歯列を整えた子供なら成人しても、歯並びがキレイなので、歯みがきなどの手入れも容易にできるでしょう。

さらに、さまざまな角度から、その人にあったお口のお手入れなどの
プランを提供し、患者さんとともに予防につとめ、歯をだいじにしてゆきます。

COPYRIGHT(C)2006 練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック ALL RIGHTS RESERVED.