練馬区 歯科 歯医者 矯正 マウスピース 小児矯正 こじまデンタルクリニック

練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
小児歯科・矯正
一般歯科・矯正
予防歯科
審美歯科
インプラント
練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
よくある質問Q&A
患者様の声
お役立ちリンク集
練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
コンセプト
Dr&Staff紹介
診療時間・アクセス
お問い合わせ
院長のブログ
練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
一般歯科・矯正

咬合療法 咬み合わせ・顎関節症などの治療
当院では、子供から大人まで、乳歯から入れ歯まで、全体の調和のとれた咬み合わせを考えています。
咬み合わせをよくすることは、顎関節症の治療や、入れ歯から歯周病治療まで広く応用できます。
咬み合わせ・顎関節症の治療は主にマウスピースのような「スプリント」と呼ばれる装置を使います。
この装置で、噛むための筋肉や顎関節を調子の良い状態へ合わせてゆきます。


 

咬み合わせを良くし、全部の歯で噛む力を均等にもっていくだけでも、歯周病の予防につながります。
患者さんの中には、咬み合わせが悪く噛む力のバランスが悪くなって、歯がグラグラしてきたり、痛みがでることがあるのですが、他院で歯周病と診断されたものが、咬み合わせの調整で治ってしまうことがよくあります。

最近、「顎関節症」という言葉を耳にすることが多くなってきました。
近年の研究では、顎関節症により、肩こり、耳鳴り、偏頭痛など、原因不明のめまいなど、一言では説明のつかない不快な症状があらわれることが明らかになってきました。さらに、顎関節症のひどい方は、首の骨や背骨までもズレてきて、腰にまで影響し腰痛の原因となります。

体と顎の関係は、体を支え、腰から背骨、首・頭までつながった部分で唯一、顎だけがぶらさがった部分なのです。
顎以外は下から筋肉・軟骨などで支えられています。全体が傾いたり、ズレてくるのを顎だけは全体と反対方向にズレようとしてバランスをとります。咬み合わせが悪くなってきた、というのはある意味「体全体のバランスを知る」バロメーターともいえます。

咬み合わせを、顎の関節や体全体にとってよい状態で安定させることが必要です。
噛める、噛めないというのは、わずかなことで、日々変わってゆくものですが、その咬み合わせを調整し、よい状態に仕上げてゆきます。

3Mix−MP法
 
3種類の抗生剤を粉末にしたもの、とMPというクリーム状の基材を混ぜたものを、虫歯の部分に貼り付けてふたをする方法です。
ほとんど歯を削らずにすむので、何回も通院できない方、歯科の麻酔ができない方などに適した、治療法です。

RET法
 
歯の神経を取った後の処置についての治療法です。神経を取った歯の治療により、歯周病などの症状を改善させる治療です。

各種義歯

 ■金属床義歯
 
保険の入れ歯より薄く、ぴったりしたものができますし、金属ですから、丈夫です。
 

 ■弾性床義歯
 
入れ歯のピンクの部分をゴムのようなシリコーン、またはポリカーボネートという素材で入れ歯をつくる。
 

 ■アタッチメントデンチャー
 
ばねの目立たない入れ歯にすることができます。
 

 ■マグフィット
 
磁石で入れ歯を固定する。
 

 ■ミリングテクニックアタッチメント
 
支えになる歯をアタッチメントの形に削りこむ入れ歯。
 

 ■ミニダルボ・キーアンドキーウェイ
 
支えになる歯に細工をほどこしアタッチメントをつけて入れ歯を固定
する。
 

 ■インプラントアタッチメント
 
顎の骨に人工歯根をうめこみ、そのうえにアタッチメントをつけて入れ歯を固定する。
 

 ■コーヌスクローネアタッチメントデンチャー
 
Bridgeと入れ歯の中間型のような入れ歯。
数箇所の技工所と連携しながら患者さんのニーズとお口の状態にあったものを提供いたします。
当院では、「噛める入れ歯」を追求し、お口のなかで安定させ、「はずれない、痛くない」をめざし実際にお使いいただける状態にします。
 

歯科の麻酔
 
電動の注射器 歯科の局所麻酔用電動浸潤麻酔用注射器「カートリーエース」ゆっくりと一定の圧力で麻酔薬を注入するので、ヒトの手による注射器より痛みを感じません。
使用する麻酔薬の液が少ない量ですむので、治療後広範囲にしびれたような、ふくれたような感じがほとんど残りません。小さいお子様でも、注射をこわがるお子様も安心して治療を受けられます。

矯正治療
当院では、成人矯正も行っております。
しかし難症例や永久歯を抜かなければならない矯正治療は本院ではお受けできません。あくまでも、永久歯を抜かない矯正治療をめざしています。

一般的な矯正方法では、最低でも2〜4本永久歯を抜かなければならないことが多いのです。
しかし、何本も歯を抜いてしまうと、のちに大がかりな歯の治療を行わなければならない、となったとき問題がでてきます。「もう一本歯があれば、入れ歯を入れなくてもすんだのに、歯の本数からすると、非常にむずかしい」あるいは、「咬み合わせがむずかしく、前歯に差し歯ができないかもしれない」といったことが、おきてくる可能性があるのです。

当院では、おもに拡大床を使った矯正治療をおこないます。
この方法では、歯みがきがふつうにできますし、食べ物にも制約はありません。永久歯を何本か抜いてハリガネをかける方法では、場合によっては、色々な問題が出てくることがあります。
矯正治療終了後の後戻り、永久歯を抜いたため、その後咬み合わせが大きく変化してしまうことがあります。
咬み合わせの変化は顎関節症を引き起こす原因にもなります。(この治療法でも、最終的な微調整で短期間ではありますが、ハリガネをかけることがあります。)

当院では、拡大床を使い、咬み合わせをチェックしながら治療を行います。
そうした矯正治療を、その後の咬み合わせ、歯全体・体全体の影響を考える患者さんにとって、選択肢のひとつとして広めてゆきたいと思います。

トップに戻る

COPYRIGHT(C)2006 練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック ALL RIGHTS RESERVED.