練馬区 歯科 歯医者 矯正 マウスピース 小児矯正 こじまデンタルクリニック

練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
小児歯科・矯正
一般歯科・矯正
予防歯科
審美歯科
インプラント
練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
よくある質問Q&A
患者様の声
お役立ちリンク集
練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
コンセプト
Dr&Staff紹介
診療時間・アクセス
お問い合わせ
院長のブログ
練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック
小児歯科
虫歯で穴があいてしまったところは、自然にふさがってはくれません。ですから、虫歯の部分を削って金属や歯科用樹脂をきちんとつめる治療が必要です。

しかし、あまり小さいお子様ですと、こわがって、なかなか治療ができない場合があります。
がんばって、できるところまで治療を行い、虫歯の部分を削れなかったら、虫歯の穴に薬をつけるだけでも、できたら上出来です。それから回数をかけて治療に慣れてもらうようにします。
治療に慣れてくれば定期検診を嫌がらないで、通院でき、そのことが虫歯の早期発見につながります。

お子様に虫歯ができてしまったら、ご家庭での歯みがきとおやつや飲み物の管理が、「これ以上虫歯をふやさない」虫歯予防の重要なカギとなります。

さらに、虫歯のないお子様でも、フッ素を塗ったほうがよいでしょう。フッ素は歯質を強化し虫歯予防につながります。フッ素塗布も、ただジェルを塗るだけでなく、当院で使用している「フルーライドトレイ」は、歯に薬液を確実にしみこませることができます。

また、小さいうちから、かたい物をよく噛んで食べるようにしましょう。このことが、お顔の周りの筋肉と顎の骨の成長を促し、歯列不正・咬み合わせの異常を予防することにつながります。

小児矯正
現在、歯列矯正治療が必要と思われるお子様の大半が、永久歯がきれいに生えそろうための顎の大きさが足りない状態です。
そして大人の歯・永久歯に生えかわってから矯正治療を始める場合、顎の大きさが小さいので、生えてきた大人の歯・永久歯を抜いてしまいます。

しかし、よく考えてみれば、顎の大きさが小さいせいならば、少し「広げて」「大きく」できれば、「歯・永久歯を抜かずに並べられる」のではないでしょうか。
当院での矯正治療は「拡大床」という装置を使い、できるだけ永久歯を抜かずに歯並びを整えてゆきます。というのも、永久歯を抜いてしまうと、のちにお子様が成長してから、咬み合わせの異常、顎関節症などの原因となることがあるからです。
さらに、顔の骨の成長期に、歯だけにハリガネをかけてコンパクトに収めようとすることは、顔面の骨の発育、噛む能力の発達をさまたげてしまうことにもなります。

このようなことを考えると、学童期くらいに歯列を広げて整えてゆく、「拡大床」を使った歯列矯正が最善の方策だと思います。
さらに「虫歯予防」の点からも、歯みがきの時は、装置をはずして今までどうり歯みがきができますし、食事も気をつけることはありません。(しかしこの矯正治療でも、最終的な微調整で、短期間ですがハリガネをかける場合があります。)

最終的には、全部そろった永久歯でよい歯並びと咬み合わせを作り出すことが目標です。

また、ご両親がお子様のお口を見て「あれっ、ちょっとこの歯はおかしいぞ」と思った時には、「もうすでに歯並びや咬み合わせが悪くなってしまっている状態」ということが多いのです。
お子様にどこも、異常がなさそうに思える場合でも、いちど歯型をとって検査をすることをおすすめします。
小さいうちからの歯列矯正は、あとから生えてくる永久歯をきちんとそろえるための「予防矯正」です。

当院の考える、矯正治療とは「将来、永久歯を抜かなければ、歯がきれいにそろえられない」という状態にしない、「予防矯正」を積極的に進めてゆきたいと、考えています。

COPYRIGHT(C)2006 練馬区 歯科 歯医者 矯正 小児矯正 こじまデンタルクリニック ALL RIGHTS RESERVED.